ひとつのあさ

共にグループ内年齢差九つの6人組と7人組をゆるゆる追いかける新参者

掛け持ちについて少々

このブログの説明やTwitterのプロフィール欄にあるように私はV6とジャニーズWESTという2つのグループを掛け持ちしています。この「掛け持ち」というスタンスはファンどうしの間でも、ときにはタレント本人からも、疎まれ、嫌われることが少なくありません。
 
ところで、私は楽しむことを目的としてファンをやっています。ジャニーズアイドルを好きでいることはあくまで趣味のひとつにすぎないのです。だから本音を言えば誰であっても自分の趣味に口出しされる筋合いはない、といったところですが、そう簡単に言い切ってしまうと反論が生まれるのもまた事実。
 
例えば「1人ないし1グループに費やすお金と時間が減る」── 確かにその通りであることは多く、私も掛け持ちしていなければあれやこれも買えたのに、と思ったことはあります。しかし、そうすることが楽しむという目的を達成するための手段として最も有効な選択であったと信じているので、お金や時間を分散させてしまったことに対する後悔はありません。タレントさん側からしたらコンテンツの売れ行きに支障が出るかもしれないわけですから大いに問題がありそうですが……。しかしこの両者の主張は一方が趣味でもう一方が仕事であるというアンバランスな関係性ゆえのものなので、一概にどちらが正論と結論づけてしまうことは不可能なのではないでしょうか。
 
世の中にはジャニーズファンをする傍ら、他のお金を必要とする事柄を同時に楽しまれている方もたくさんいらっしゃるかと思います。お金や時間だけの問題であるならそういった方々についても何かしら言及されて然るべきだと思うのですが、そちらは特段議論されているところを見かけません。となると、他グループとの掛け持ちには否定したくなる特別な何かがあるはずだと私は考えたくなります。
 
そこで挙げたいのが、我が自担・中間さんをはじめ、ときどき使っている人を見かける「浮気」という言葉。一般には男女の関係に用いられることの多い言葉であることから、この言葉を使う方々はアイドルに疑似恋愛の対象あるいはそれに準ずるものとしての役割を大なり小なり見出しているのかな、と思います。そこまでいかずとも、ファンでいるということは「人」を直接応援するということですから、他の趣味とは比較にならないくらい、特別感や、ときとして過度な思い入れが生まれるほうが自然なことなのかもしれません。
 
また、同じ「ジャニーズアイドル」という枠内にあるがゆえに、うまく言えませんが、「別の○○くんを応援しなくても□□くんだけで十分じゃないか」というように、似ているもの、同じような性質をもったものとしてその代替不可能性を低く見られる傾向がある気もします。
例えば「庭づくり」という趣味で満たされるはずの部分は「アイドルファン」という趣味ではどう足掻いても埋められそうにないように見えます。(上手い例えが思いつかなかった)

 

しかしこの点については私は声を大にして反対したい。アイドルは一人一人全くの別物だ!グループにもそれぞれ全然違う筋書きのストーリーがある!実際、ここでは詳細は省きますが、私がV6、ジャニーズWESTの両グループに求めているものは違います。どちらかにしぼって追いかけるという選択肢はこの時点で私の中から消えました。

 

 

最後に掛け持ちと担降りについて……と思いましたが、私自身や近しい人に担降り経験のある人がいないのと、そろそろ眠気でダウンしそうなのとで、今回は執筆を断念させてさせていただきます。
 
 
 
最後までとりとめのない文章にお付き合いくださりありがとうございました。
ド新規のお子様が何を言っているんだと不快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。